SDL Web

SDLのWebコンテンツ管理(旧SDL Tridion)は、長年業界をリードする究極のWCMソリューションです。数十から数百にのぼるWebサイトのデジタル資産の複雑な管理を、独自のBluePrinting®コンセプトで効率化できます。

SDL Webの特長

資産のスマートな再利用を可能にするBluePrinting®

SDLのBluePrinting®テクノロジによってコンポーネント化されたコンテンツ管理アプローチによって、コンテンツの再利用とブランドの一貫性を最大化できます。

最適化されたモバイル体験

コンテンツを公開する前に、デバイスに直接表示して、編集できます。 資産やページを複製せずに、モバイルデバイスやタブレットでコンテンツを迅速かつ容易にテスト、最適化およびパーソナライズできます。

直感的なインタフェース

シンプルなWYSIWYGは、大がかりなトレーニングなしで誰にでも使用できます。 便利なドラッグ&ドロップ機能でページの組み立てを高速化し、新しいWebサイトのローンチや高度な作成も数クリックで実行できます。

エンタープライズ対応

柔軟性と拡張性に優れたSDLのテクノロジなら、オンプレミス、クラウド、ハイブリッドのいずれの方法にも対応し、導入期間を短縮しながらビジネスニーズとIT要件に対応できます。

カスタマーエクスペリエンスを最適化します

テスティング、ターゲティング、パーソナライゼーションの機能によりきわめて関連性の高いコンテンツを提示し、インパクトを与え、コンテンツマーケティングとコンバージョン率を向上します。

プログレッシブプロファイリング

さまざまなデータポイントを有効利用して、特定の個人をあらゆる角度から把握します。 名もない訪問者を顧客へ、さらには忠実な支持者へと転換します。

自動パーソナライゼーションルール

顧客のプロファイル、閲覧パターン、検索行動、デバイス、位置情報、その他のコンテキストに関連するデータポイントに基づき、関連性の高いコンテンツを自動的に提供できます。

プレディクティブ・オファリング

訪問者の各クリックから取得したデータを用い、最も関連性の高いプロモーションを自動的にリアルタイムで算出して表示します。

テスティング

特定顧客における一定期間のコンテキストに対し、複数のコンテンツのテスト・検証が可能で、組み込みの分析データに基づき最も効果の高い資産をパブリッシュします。

デジタルメディア管理

複雑なファイル変換、ローカリゼーション、グローバルストリーミングを自動処理しながら、あらゆるデジタルチャネルに画像や対話型ビデオを迅速かつコスト効率よく追加できます。

クロスチャネル配信

Webコンテンツ管理環境から直接アクセス可能な資産ライブラリを通じて、すべてのデジタル資産を集中管理します。 1つのメディアを、Web、モバイル、ソーシャル、Eメール、ドキュメント、キオスク、デジタル広告システムなどの複数のチャネル全体に再利用し配信できます。

ローカリゼーション

緊密に組み込まれたローカリゼーション機能によって、コストの削減と管理の簡素化しながら、コンテンツ品質の向上と市場投入期間の短縮を同時に実現し、Webサイトのローカリゼーションを高速化します。

シームレスな連携

SDL Webの画面上でワンクリックで翻訳を開始できます。翻訳プロセスをワークフローで自動化および一元管理することで、ミスの生じやすいコピー&ペースト作業を排除し、コスト削減と効率化を実現します。

翻訳サービス界のリーダー

多くのトップグローバル企業のあらゆるコンテンツ翻訳を長年支援するSDLには、お客様のコンテンツ翻訳に十分な経験とリソースがあります。 お客様がご利用中の翻訳会社を継続利用される場合でも、SDL Webでプロセスを効率化いただけます。

大企業向け翻訳管理

一元的なワークフロー管理、自動化およびレポート作成によって、お客様のグローバル組織全体でローカリゼーションへの投資を効率活用できます。

リアルタイム翻訳

自動機械翻訳の活用で、ライブチャット、ユーザーレビュー、ソーシャルメディアといったチャネルに多言語化することで、グローバルデジタルエクスペリエンスを低コストで実現できます。

対話型の行動喚起

動画に、リンク、QRコード、フォーム、インストリーム広告、営利目的のダウンロードボタンなどのオーバレイを追加して、即座のコンバージョンを促します。

ローカリゼーションの統合

SDL Language Solutionsでスライド、字幕、吹き替えを直接ローカライズすることで、コストのかかる多言語制作の後工程を排除します。

柔軟な形式対応

画像のトリミングやサイズ変更、動画ファイルや音声ファイルからの一部切り取り、チャネルや画面、デバイスに合わせた自動コード変換が可能です。 資産をEメール、ファイル、ダウンロード、または印刷にエクスポートできます。

サービスソリューション全般に関するお問い合わせはこちら