当社の強み

お客様のあらゆるニーズに応え、高品質なサービスを提供し続けるため、タクトシステムズでは日々以下のような取り組みを行っています。

CMMIによるソフトウェア開発プロセスの最適化

管理系・開発系・支援系の14プロセスにおいて、CMMI能力レベル3であると認定されており、継続的なプロセス改善により高品質なシステム開発を実現します。

詳しく読む

cmmi (capability maturity model integration) とは?

カーネギーメロン大学のSEI(Software Engineering Institute)で開発されたソフトウェアプロセスの評価、改善のための方法論です。この方法論では、システム開発組織の能力を計測するための尺度、およびその改善工程が提供されており、世界各国で標準的に活用されています。

レベル2以下の組織では、組織内でプロセスが標準化されておらず、プロジェクトの成功は、個人や部門ごとの能力に大きく左右されます。

レベル3以上の組織では、プロジェクトや部門のプロセスが標準化されているため、組織として安定した品質のソリューションを提供する事が出来ます。

当社の取り組み


2009年5月、開発部門において、PP、RSKM、REQM、MA、CM、TS、VER、VAL、PI、PMC、PPQA、OPD、OPF、OTの14プロセス(管理系・開発系・支援系)が能力レベル3であると認定されました。
アメリカを始めIT先進国といわれるインド・韓国・中国、そして日本国内の多くの企業がCMMI に取り組まれていますが、レベル3の達成企業の多くが1000人規模の企業であることと比べ、当社の規模での達成は極めて先進的といえます。
今後も継続的なプロセス改善によって、品質向上を続けてまいります。

TOCに基づいたプロジェクト管理

開発要員の人間心理や行動特性、および社会的・組織的問題も考慮しつつ、制約条件の理論(TOC)にもとづきプロジェクト管理を行うことで工期短縮、高い納期遵守率を実現します。

詳しく読む

ccpm (critical chain project management) とは?

ゴールドラット博士が開発した、TOC(制約条件の理論)を発展させた画期的なプロジェクト管理手法のことです。
人間の行動特性(パーキンソンの法則、学生症候群、悪いマルチタスキング、など)とアルゴリズム(タスクの従属性とリソースの競合を最適化する調整)に着目し、全体最適化(安全余裕の集約)の観点から開発されたプロジェクト管理手法で、目標スコープと予定コストを維持し、開発期間を大幅に短縮でき短納期を可能にします。

プロジェクトの流れ

当社では・・・

CCPMを適用した工程管理を行い、開発期間を大幅に短縮しています。

当社実績例

当社実績の一例をご紹介します。

【製造業】 製造実績入力システム

■CCPM適用結果

 

当初の計画では「3ヶ月」の開発期間でしたが、急遽「1ヶ月」で実施しなければならない状況になりました。お客様の誰もが「実現不可能」と思っていましたが、CCPMを最大限活用した結果、納期を3週間でやり遂げた上に高品質で納品をすることが出来ました。
その結果、お客様から高評価を頂き「ベストパートナー賞」を受賞しました。

■開発規模

約20人月

■開発範囲

外部設計、PG、UT、IT

■業務内容

SAPの生産計画/管理(PP:Production Planning and Control)のフロントシステムを担当。発行される製造指図書を作業現場のユーザが作業単位に分割し、製造業の生産現場で製造工程の状態の把握や管理、作業者への指示や支援などを行う為の情報(MES:Manufacturing Execution System)を入力するシステムの開発。

プロジェクトマネジメント・プロフェッショナルによるプロジェクト運営

技術者の25%がProject Management Institute (PMI) が主催しているプロジェクトマネジメントに関する国際資格を取得しており、プロジェクトマネジメントに自信があります。

詳しく読む

当社は、全社的にプロジェクトマネジメントに力を注いでおり、全技術者の25%がPMP資格を保有しています。

pmp (project management professional) とは?

アメリカ合衆国の非営利団体であるプロジェクトマネジメント協会 (PMI) が主催しているプロジェクトマネジメントに関する国際資格です。
国や文化を超えたプロジェクトマネジメント・スキルの評価基準 として、特にIT業界においては、現在もっとも注目されている資格の1つです。
PMPはプロジェクトマネジメントの指揮・監督する立場での経験を有した技術者のみが受験でき、その中でも応用的かつ実践的な判断能力を問われるため、難易度は極めて高いとされています。

マイクロソフト ゴールドコンピテンシー認定パートナー

ソフトウェア配布組織において迅速な配布と継続的な改善を可能にするリソースを提供する優良なマイクロソフト パートナーとして認定されています。

詳しく読む

当社は、多様な業種に関連するシステム開発を行っており、これらの経験で培ったノウハウにより、あらゆるお客様に最適なソリューションをご提供します。

マイクロソフト社のgoldコンピテンシー


当社は、マイクロソフト社のGoldコンピテンシーを取得しております。
Goldコンピテンシーの取得には、所定の技能を持った技術者数や、各条件に見合った実例の提出などの厳しい審査が必要となります。

  • Gold Application DevelopmentWindows 8、Windows Server、Windows Azure、Visual Studio などのマイクロソフト製品とテクノロジーを最大限に活用したアプリケーション開発に対して、高い専門性を有する事を証明しています。
  • ※2011年に取得した Gold Web Development コンピテンシーと Gold Independent Software Vendor (ISV) / Software コンピテンシーが、Gold Application Development コンピテンシーに統合されました。

会社情報に関するお問い合わせはこちら