静的CMSをベースに、リアルタイム性を併せ持つ

NOREN

概要

NOREN

CMS「NOREN」は2002年の発売開始以来、一環して「大規模運用にも耐える基本機能の充実」「企業の現場担当者が使いこなせる使い易さ」「静的CMSアーキテクチャによるwebサイト運用の安定性・安全性」を提供してきました。

 

「すぐに使える、ずっと使える CMSのスタンダード」をコンセプトに、サイトのコンテンツ管理を効率化させ、近年スタンダードになっている企業のオウンドメディアを内製化させ自社運営を実現。オープンソースCMSでは不安な脆弱性の懸念から、セキュリティレベルを高めるためにNORENへ置き換えて利用する企業が増えています。

特徴

NOREN
  • 静的CMSの高い信頼性
  • 充実した機能で失敗のないCMS導入
  • 使いやすさで、内製化や自社運営を実現
  • 周辺機能連携による正確性と低運用負荷

シンプルでなおかつ使いやすい

  • キャラクタセットは多言語対応、管理画面の言語は日英中韓に対応
  • テンプレ-トはパーツの組み合わせも出来、コンテンツのサイト内リンクも自動生成
  • HTMLの知識は不要、ブロック形式のコンテンツ入力が出来ます
  • きめ細かいユーザ権限設定と、ユーザ操作履歴の把握が可能
  • データベース、APIによる連携も備えています
  • 静的HTMLによる改ざん防止も行います。

静的CMSでありながらリアルタイム性も

NOREN

NORENではリアルタイムパブリッシュ機能を実装するためにDynamicモジュールを採用しました。Dynamicモジュールを利用することでWebサイトに対する従来型のコンテンツ配信と、閲覧者のアクセスに応じたリアルタイムパブリッシュの2つの経路が用意されます。

 

もちろん今まで通りに静的なコンテンツだけでWebサイトを運用することも引き続き可能です。
静的なコンテンツで十分なコンテンツは静的に、リアルタイムに情報を公開する必要があるコンテンツはリアルタイムパブリッシュ機能というようにコンテンツによって使い分けることができ、それぞれをディレクトリ、ページ内で共存させることができます。

これにより高いパフォーマンス、安定性を保ちながら必要な部分のみをリアルタイムに表示することが可能です。

システム構成

NORENのシステム環境はとてもシンプルです。ユーザはWebブラウザからすべての操作が可能で、静的なコンテンツ配信を基本としており、システムへの負荷も最小限に抑えられます。生成されるページのWebサーバへの配信はトランザクションコントロールにより確実にそしてスピーディに行われ、既存環境を活かしながらの展開が可能です

 

NOREN

詳細は別ウィンドウで表示NORENシステム要件ページをご参照ください。

Webでのお問い合わせ(別ウィンドウで表示) 03-3445-3100

ページの先頭へ