若月 良友

若月 良友

入社する前の社会人のイメージは、「責任が多く、そして責任を意識して働く」大人でした。

学生の頃のアルバイトは、責任を自分が負うことはほとんどなく、嫌になったらすぐに辞めればいいと思っていました。そんな責任に対してゆるい感覚だった自分が、社会人になって、「責任」を負うことが出来るのか、またついていけるのかと不安でした。

しかし、入社して実際に働き始めると、「責任」のことよりも、周囲の人たちに自分が「きちんとした人間」だということをアピールすることを大切にするようになりました。「きちんとした人間」だと思われることは、つまり周りからの信頼を得ることであり、仕事をする上で重要なことであり、入社して1年たった現在でも大切にしていることです。

もうひとつ、仕事で心がけていることは、先輩や上司に質問するときには、しっかり理解するまで食らいついていくということです。 入社して間もなく、仕事に対して右も左も分からなかった自分に対し、先輩社員の方や上司は優しく「何でも聞いていい」とおっしゃってくれました。しかし、先輩や上司は自分の仕事を抱えており、忙しそうで、「なんでも聞いていい」とは言われていましたが、質問するときは気が引けてしまうことが多々ありました。

そんな時、「どう頼ったら、どう聞いたらいいか」迷いましたが、結局は質問するときに自分がしっかり理解するまで食らいつき、後でまた聞きに行くということがないようにすることでした。相手に遠慮して曖昧のまま質問を終えても、結局2度3度と質問に行くことになり、相手にとっても自分にとっても余計な時間を取ってしまいます。 また、これがシステム作成でのことならば、後にプログラム上で重大な欠陥になりかねないので、分からないことは後回しにせず、しっかり聞くことが業務の効率化に繋がるのです。例え多少時間を取って最初に理解するまで不明点に食らいついていくことは、相手の話をしっかり聞いているという姿勢でもあり、相手にもっと応えてあげようと思わせことが出来ます。それは、次に質問する時に質問しやすくすることにも繋がり、プログラマー・システムエンジニアの仕事をする上で大切なスキルだと思います。

さて、今している仕事ですが、プログラマーとして製造業の部品管理プログラムの製作・テストに従事しています。他にもシステムエンジニアの仕事一端として設計フェーズやドキュメント作成にも携わっています。

その中で一番大変なことは、設計(仕様)を〈日本語〉にすることです。設計を元にプログラムが組まれていくので、設計であやふやで曖昧な表現をしてしまうと後々の作業に影響が出てきます。システムエンジニアは一般的には理系の職業に見られますが、実は文章力や表現力も非常に求められる能力の一つなのだと、仕事をして気づきました。入社前はプログラマーが好きなのかシステムエンジニアが好きなのか分かりませんでしたが、設計や仕様の業務に携わり、システムエンジニアの仕事がしたいと思うようになりました。今後、もっと上流工程に関われるようになるために、プログラムの知識だけでなく、システムエンジニアとしての知識・スキルを身に付けていきたいです。

1日のスケジュール

若月 良友の1日のスケジュール

Q&A

Q1会社の魅力とは?
A1技術力の高さ。着いていくための勉強は大変だけど、自分の成長になる
Q2社風は?
A2体育会系というよりは、自由な気風。技術屋集団という感じ。
Q3一番うれしかったこと。
A3自分で設計したプログラムが実際に動いたとき。
Q4学生へのアドバイス
A4新卒採用としての就活は1度きりしかないので、この機会により多くの会社を見てみてください。また、その時にしか出来ないことをしてみよう!

ページの先頭へ