教育制度

教育体系

当社には、自主的に学び成長する意志に応え続ける教育体系があります。誰かに教えてもらうまで待つのではなく、自らの意思で新しい技術や知識を身につける、当社の社員にはそうした姿勢が求められています。教育制度は充実していますが、それは自ら学ぼうとする意欲に応えるものだと理解してください。

教育内容

入社前、入社後の教育についてご説明します。

入社前SE適正診断プログラム

入社前に、通信教育を行った上で、ソフトウェア開発に必要なコンピュータ基礎能力があるかどうかを診断します。

入社1年目教育(新入社員教育)

3ヶ月間の集合研修でビジネスマナーや技術教育を行い、OJTで確実な基礎固めを行います。

入社後教育

新入社員教育だけではなく、最新の技術や業務知識の習得を目的として随時教育を実施しています。

当社の教育は、大きく分けて「入社前教育」と「入社後教育」の2つに分かれます。

「入社前教育」である「入社前SE適性診断プログラム」では、ソフトウェア開発に必要なコンピュータに関する基礎能力があるかどうかを判断するために実施します。

「入社後教育」では、入社後に必要となる社会人としてのマナーなどの基礎教育に始まり、コンピュータプログラミングの基礎からシステム開発まで、3ヶ月にわたって習得していただきます。
さらに、最新の開発手法、開発言語、情報セキュリティなど、仕事をしていく上で必要となる知識については随時教育を実施します。
また、資格取得を奨励するために”資格取得奨励制度”を設けています。

仮内定者を対象に通信教育形式にて実施します。ソフトウェア開発に必要なコンピュータに関する基礎を学んでいただきます。
定期的にオリジナル教材を支給し、毎回課題を提出、当社教育担当者が添削後コメントを付け仮内定者に返却する仕組みです。 この課題にて一定以上の点数を獲得した人に内定を通知いたします。
主な教材内容

  • ソフトウェア・ハードウェアの基礎(プログラミングとは?)
  • SQLの基礎
  • アルゴリズム、オブジェクト指向


入社後3ヶ月は集合研修によりビジネスマナー教育、技術教育を行います。その後はOJTを中心とした教育を実施します。

基礎教育

入社後1週間は主に社会人としてのマナー研修およびソフトウェア開発の基礎を学びます。

主な教育内容

  • マナー研修(電話応対、ビジネス文書の書き方等)
  • Word・Excelの基礎、応用
  • 開発業務の種類、開発業務の流れについての学習
  • その他

技術教育

入社後基礎教育に続き3ヵ月間コンピュータ用語や基礎知識、プログラミング手法等を学びます。

主な教育内容

  • プログラミング(Java)、アルゴリズム基礎教育、演習
  • データベースの基礎知識の習得
  • 簡易アプリケーションの作成 (例:Webアプリケーションの構築演習)
  • その他

簡易アプリケーションの作成においては、3~4人のチームに分かれシステム設計からプログラミング、テストまで開発業務の一連の流れを行っていただきます。研修終了時にはチーム毎に作成したアプリケーションの発表をしていただきます。

自己啓発制度

TAKTの新入社員は、まずSEになるための最も基本的で様々な教育をOJT中心に受けます。
例えば、システム開発に必要な技法、ハードやソフト、ネットワーク管理の知識、プログラミング言語・ツールなど挙げればきりがありません。幅広いフィールドを持つTAKTで働き続けるとなると、身につけなければならない技術や知識は膨大になり新入社員ともなればなおさらのことです。

そう聞いてしまうと「仕事をしながら、それだけのことを確実に吸収することができるのだろうか?」という不安も出てくるかもしれません。
そんな不安を解消するため、TAKTでは”自己啓発制度”という制度を設けています。

この自己啓発制度は、入社後1年間にわたり年間約10万円を月々に分割して特別手当として支給する制度です。この制度を利用し、社外講習会に出るもよし、Web上の研修サイトを受講するもよし、はたまたある程度プールしてパソコンを購入するもよし。この使い道は新入社員の自主性に任せ自分で考え、自分のペースに合わせたスキルアップを可能にしています。
TAKTはこの自己啓発制度を、ITエンジニアとして高い自己成長を目指す新入社員にとって満足のいく環境づくりの一環として実施しています。

TAKTでは新入社員教育だけでなく最新技術の習得、業務知識の習得等を目的として必要に応じて随時教育を実施します。

OJT
入社2年目以降は本人と上司が個別に面談し、個人別にカリキュラムと目標を決め、一人ひとりのスキルアップを図っていきます。これは、”一人ひとりを確実に一人前にする”というTAKTの人材育成に対するスタンスに基づいたものです。それぞれのために教育プランが組まれるので、地道なスキルアップがはかれます。
技術研修
技術部門の社員が中心となり常に新しい技術や専門分野の知識習得ための社内講習の実施、中堅社員が中心となって資格取得のための勉強会の実施、社外セミナーや通信教育の受講等を実施しています。
資格取得奨励制度
公的機関の資格取得をめざすために奨励制度を設けています。受験料負担や一時金の支給等を実施しています。


エントリー受付中


新卒採用エントリーシートはこちら

新卒採用エントリー受付中