当社が開発に携わったSBSグループ様の最新倉庫に関するTVCMが放映されました

当社が倉庫管理システム(WMS)の開発に携わりました最新倉庫『物流センター横浜金沢』の映像が流れるSBSグループ様のTVCMが放映されましたのでご紹介します。

CMの中で、最新倉庫の映像、オートストアや棚搬送ロボが実際動いている映像が確認できます。

以下のSBSグループ様のWebサイトにてCM「-プロジェクションマッピング篇-」を動画にて公開されておりますので是非ご覧ください。

https://www.sbs-group.co.jp/sbsh/company/group_cm/

 

『物流センター横浜金沢』概要
最大規模かつ最新鋭の3PLセンター。ロボット、AIなど最先端ITとLTを結集し、出荷スピードと物流生産性を向上。

  • ロボットストレージシステム「オートストア」は設計最大サイズ2基を導入。これらを連結運用させ従来比3.5倍以上の保管効率と省人化を実現。
  • マテハン設備を各種導入。DPS(デジタルピッキングシステム)を既存最大拠点の1.75倍となる28ステーションに拡張し、専門スキルに頼らない作業環境を構築。
  • 高能力ケース荷揃えシステム(シャトルラック)では、搬送ライン全体の流量状況のコントロール(整流化)と、梱包・出荷バッファ機能を強化。梱包前・配送引渡し待ちの一時保管や搬送ラインの渋滞を抑制することで、出荷スピードの向上を実現します。
  • AIやビッグデータ分析を活用し、各設備の総合的なパフォーマンス向上を実現。

LT…Logistics Technology(物流技術)

 

当社が担当者したシステム領域
本倉庫の入出庫全般のコントローラとなるシステム領域

  • デジタルピッキングシステム
  • オートストアへの入出庫指示
  • 各種マテハンへの入出庫制御指示
  • その他