6月12日(木)APMソリューション「dynaTrace」の
国内事例発表セミナー『Perform Day 2014 Japan』に出展

セミナー概要

当社は、2014年6月12日(木)に行われる日本コンピュウェア株式会社主催の「別ウィンドウで表示Perform Day 2014 Japan」において、『データ分析プラットフォーム「Splunk」を利用したAPMの強化』を出展します。

 

「Perform Day 2014 Japan」は、日本コンピュウェア株式会社の提唱するAPM(アプリケーションパフォーマンス管理)を、市場動向、顧客事例、最新ソリューション情報などのあらゆる角度からご紹介する、1年に一度のフラグシップカンファレンスです。

APMにフォーカスしたベンダーである日本コンピュウェア株式会社だからこそできる、アプリケーションそしてパフォーマンスに特化した、魅力的なセッションをご用意しております。

セミナー詳細

日時:
2014年6月12日(木) 13:00~18:00 (受付開始12:30)
会場:
時事通信ホール(東京・東銀座)
 
東京都中央区銀座5-15-8 TEL:03-3546-6605
 
別ウィンドウで表示http://www.jiji.com/hall/
アクセス:
東京メトロ日比谷線・都営浅草線「東銀座駅」(6番出口)から徒歩1分
 
都営大江戸線「築地市場駅」(A3出口)から徒歩4分
 
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」から徒歩7分
 
JR「有楽町駅」から徒歩12分
料金:
無料(事前登録制)
主催:
別ウィンドウで表示日本コンピュウェア株式会社

※本セミナーは終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

当社の出展内容

当社は、このセミナーで以下の内容を出展いたします。

 

『データ分析プラットフォーム「Splunk」を利用したAPMの強化』

  • Splunk上でAPM
    Splunkは、ハードやソフトウェアの出力するログを収集して分析します。
    アプリケーションの性能を分析(APM)するためには、実行するアプリケーションに対して、ログ収集のための作り込みが必要であり、そのことが運用における大きな問題(ログ収集が性能に影響、ログ取得ロジックの抜き忘れ、欲しいログが取れない、など)でした。
    dynaTrace」をSplunkと組み合わせることで、アプリケーションログを自動的に取得収集し、アプリケーションの性能劣化やバグの要因を簡単瞬時に特定できるようになります。
  •  

  • Splunkでクールなダッシュボード
    dynaTraceが標準で用意しているダッシュボードでは、利用目的に合わないことがありませんか?
    dynaTraceにSplunkを組み合わせて活用することで、これまで実現に手間がかかっていた視認性の高いダッシュボードを簡単に構築できます。
  •  

  • モバイル操作ログを自動収集可能
    Webビジネスの主戦場は、既にモバイルに移り変わっています。
    多種多様、かつ短期間に更新が発生するモバイル端末から操作ログを取得し、次のビジネス拡大に対応してゆくには、その急速な変化に迅速に対応できる体制と仕組みづくりが必要です。
    dynaTraceは、モバイルアプリケーションやWebサイトの変化に対して、まったく手を加える必要なく、主要なモバイル端末の操作ログを自動的に収集できます。

お問い合わせ

  • タクトシステムズ株式会社 営業本部(担当:森田)
  • 電話番号:03-5820-8150

ページの先頭へ