TAKBOZU(名寄せ)

当社の名寄せサービス「TAKBOZU(タクボウズ)」は、顧客データのクレンジングと名寄せを実現するクラウドサービスで、大量に蓄積された顧客情報をクレンジングして顧客データの価値を高めることにより、お客様のデジタルマーケティング業務を支援します。

header_7

こんな課題がありませんか?

マーケティング業務でキャンペーンメール送付の際、データが古く未達メールが多数発生したり、お客様が複数メールアドレスを持っているため重複して送付してしまったりする。

データが整備されていないため、せっかく導入したCRMがうまく活用できていない

データクレンジング作業に時間がかかりコスト負担が大きい

複数システムで管理された顧客データを名寄せされた状態で一つのマスタで管理したい。

顧客データ管理における問題点

企業内の顧客データは一元管理されているとは限りません。入力項目の誤り、住所情報の誤り、氏名の間の空白の有無、数字の全角・半角、郵便番号情報の誤り。そして同居するご家族を別のデータとして登録するなど、使用目的によっては同一のお客様情報が重複して登録されることが多くあります。

顧客情報の重複により、ムダやトラブルが発生するだけでなく企業の信頼に関わるリスクを引き起こす可能性があります。例えば、同一顧客に同じ内容のダイレクトメールを複数送付してしまったら、発送コストが余分にかかるだけではなく、顧客は送信元企業の情報管理に不備があると判断するでしょう。これは、顧客からの信頼や顧客満足度の低下を招きかねません。また金融業界では、貸金業法の改正によって過剰貸付などを抑制する対応をしなければならず、同一顧客を複数登録しているケースは的確に把握する必要があります。

つまり、顧客満足度を高めるには、単に顧客データを適切に管理するだけでなく、名寄せとクレンジングを行うことが重要なのです。

TAKBOZUなら

※料金についてはお問い合わせください

名寄せサービスをご活用いただける企業

ダイレクトメールを大量に利用する企業
通信販売業、不動産業、量販店・百貨店、DM発送代行サービス業

顧客分析のために顧客情報と取引情報を統合したい企業
顧客分析、キャンペーン施策、商品開発、広報などの担当者

大量に蓄積された顧客データを整理したい企業
小売業のポイントカード、アンケート、販売履歴などを統合し、効率的に活用したい

システム移行に伴い、大量の顧客データをクレンジングしたい企業
企業や組織の統合におけるデータ整備、データ統合を実現したい

申込の流れ

1:申込の問い合わせ
2:要件すり合わせのための打ち合わせ
3:申込用紙の記入
4:お客様環境へTAKBOZUのインストール
5:利用開始

サービスソリューション全般に関するお問い合わせはこちら