当社では珍しい常駐経験者

現在はPLとして、部下の育成やグループ内の売上・進捗管理、仕事の割り当てを考えたりなどがメインの業務になります。
タクトシステムズでは珍しく、新卒入社1年目の冬から常駐になりまして、実際の現場でプログラミングしながら色んな設計にも関わってきました。

PGからSEになって、だんだんと任せてもらえるようになって、結局7年近く同じクライアントで常駐していました。
先方の担当者さんが40代とか50代の年上が多かったので、かわいがっていただいていて、色々な大人な世界というか(笑)、社会人のイロハを教わりました。

常駐を経験したからこその

常駐勤務では、お客様も先輩方もすぐ近くにいるので、直に刺激を受けてきて、色んな人と関われたのは今の自分にとても影響しています。
PLとして、ミーティングや雑談を通してメンバーの意見を聴くようにしたり、もっとみんなが仕事しやすくなるにはどうしたら良いだろうかを常に考えているのは、この時の自分があったからかもしれません。

全然違うバックボーンを持つ人たちが集まって一緒に仕事していくので、周りの気持ちとか自分の気持ちとか、お互いが良い関係を築ける雰囲気や環境を作りながらやっていきたいと思っています。だからこそ、中途入社の人たちが増えていくフェーズにおいては、新卒か中途かの入り口に関係なく、みんながコミュニケーション取りやすい場づくりをしていきたいですね。お互いを認め合って、組織の活性化に繋げたり、個々も組織も成長していくのが理想です。

一緒に働く人に期待していること

タクトシステムズでは、プロジェクトマネージャーとかリーダー層の育成というところを力を入れていて、PMPの資格取得を推進しています。
やる気とスキル次第で、PLやPMも目指せる環境だと思いますよ。だから後輩たちやこれから入社してくる方々には特に期待しています。
若い力が育ってくると、事業拡大も狙えると思いますし、僕の仕事も減るという好循環(笑)。
実は今、メインとは別に、新しい技術やサービスを取り入れていくグループにも所属しているので、そういう方向にも力を入れやすくなると思います。

新しい技術やサービスを考えることが面白い

技術推進グループでは、定期的に集まって色々な意見を出しながら、「こんなのやったら面白いよね!」で盛り上がっています。
まだ企画段階なのでカタチとしては出来上がっていないですけど、お客様の要望ありきじゃなく、色々自由にというか、試行錯誤して試しながらできる感じがやっててとても楽しい。今後の発想が広がっていっている感覚がありますね。
そういう、今あるものを活かしながら、新しいことにも挑戦したいという人たちがどんどん集まってくれたら嬉しいです。