様々な業務に関わってきた経験値の高さは社内No1!

これまで、プリセールスやエンジニアとしての開発業務、会計システムのコンサルティング、臨床試験データシステムのSE兼販売営業も経験してきました。
現在は営業部に籍をおいて、SE目線での営業支援をメインに、自社製品のプロダクトオーナーとしてマーケティング企画も担当しています。
さらに、採用業務に関する社内DX化にも取り組んでいるところです。
振り返ってみると、たくさん経験させていただいて良かったなっていう感覚ですけど、傍からみたら一貫性のない変な人かもしれないですね(笑)。
やってきた領域が広いので、経験値は高いと思います。タクトシステムズを代表するゼネラリストです!

いかに正解に近づけるかが大事なこと

エンジニアとしての仕事では、どちらかというと正解というか、お客様の要望にきっちり合わせる業務でしたが、今の営業支援には正解がないことも多いです。マーケティング要素も強くて、どんな言葉で表現したらお客様に響くか、反応があるかを考えて試しながら進めています。だから想像力をフル回転させてますね。
相手の立場や考え方を想像しながら、場面設定して自分の仕事に反映させていく。正解はないことだから、試してみてダメだったら別のアプローチを考えてって、ちょっと違うのかなという所を直していく継続的な業務ですね。100%真に相手の気持ちになることは無理だから、終わりがない。いかに正解に近づけるかが大事かなと思っています。
でも大変だって感じることはないですね。元々想像するのは好きですし、そういう点では向いているかもしれません。
趣味のガンプラ作りで、どこをどうデザインしていくとかっこよくなるかと想像を膨らませて常に考えているのが、仕事でも強みになっている気がします。

先入観なく、まっさらな状態で目の前のお客様と向き合う

幅広く様々な業務を経験してきたことで、知識としての役立つ情報は増えました。だからといって、営業支援において、最初からその知識を前面には出すことはしません。
技術的なことでは、過去の成功例や失敗が活きますよね。でも今は、過去の経験を持ち込まずに、まっさらな状態でお客様と向き合うっていうことがとても大事だと思っています。お客様に対して過去の経験がそのまま活きるのはトラブルだけ。先入観なくお話させていただくことが大事ですね。
営業支援という立ち場でフロントに出ることは、新しい彼女と出会うっていうイメージなので、昔の彼女の話をするよりも今のあなたを知りたいですという姿勢で望んでいます。今カノに元カノの話したら不快にさせるかもしれないでしょ、それと同じ(笑)。
とはいえ、相手の喜ぶ顔を見たりとか、楽しませるという目的に至るまでの手法として、デートの場所を決めるときの「いつもあそこ行ってて良かったから、また行ってみよう」みたいな過去の経験は使ってもいいじゃないですか。だからまずは相手を知って、どういう技術で要望を叶えて満足度を上げられるのかを考え続けています。

一緒に働く人に期待していること

タクトシステムズは、やる気のある人には任せていく社風なので、旗振り役としてグループや会社を引っ張っていきたい人はウェルカムです!
そして、新卒社員でも中途社員でも、分からないことは積極的に聞きにきて欲しい。
実は人に教えるの大好きなんですよね!だから当社を選んで入社してきた人たちには、どんどん関わりに来て欲しいですね。
特にガンプラの作り方は、いくらでも教えますよ(笑)!