臨床試験・治験支援サービス

EDC(Electronic Data Capture)/電子的臨床検査情報収集

EDC

治験や臨床試験、臨床研究において、CRF(症例報告書)作成に必要なデータを、従来の紙媒体ではなく、電子化して収集、管理するシステムをEDCと呼びます。

具体的には、治験で得られた臨床データを担当医師やCRCがパソコンで入力し、インターネットや専用回線経由で、製薬企業やCROはリアルタイムでそれらのデータをチェックすることにより、治験・臨床試験のスピードアップを目指した仕組みです。

EDCシステムを利用することにより、プロトコール逸脱の早期発見や防止、入力時のチェック機能によるデータ品質の向上、データ収集の効率化、データ固定までの期間短縮、紙媒体のCRF保管スペース削減などの様々なメリットがあります。

タクトシステムズのEDCシステム

10年以上の開発経験に基づくEDC特化型フレームワークにより、サービスご利用開始までの期間短縮を実現します。プロトコール確定後、最短4週間でEDCシステムをご利用可能です。

試験に必要なデータ収集項目をお客様ご自身で定義できます。弊社にて、項目定義書ExcelファイルからEDCシステムに反映いたします。

症例登録、CRF入力、単項目ロジカルチェック、解析用データ出力といった基本機能から、ご予算に応じて動的割付(最小化法)、複合項目ロジカルチェック、帳票出力、メール自動送信などの機能をご提供いたします。

臨床試験・治験ごとに柔軟にEDCシステムをカスタマイズできます。SaaSだけでなく、オンプレミスによるサービス提供も可能です。

タクトシステムズのEDCシステム

Webでのお問い合わせ(別ウィンドウで表示) お問い合わせ

ページの先頭へ