Biz∫会計 導入事例

パッケージ導入による、経理業務の効率化/標準化と法制度への確実な対応

導入の背景

グループ会社向けの基幹システム・業務向けシステムを中心に、数多くのシステム開発されているA社様では、スクラッチ開発の会計システムを使用されていました。ユーザ要望・法改正への対応を行いながら長年に渡って維持されてきましたが、システムの属人化・対応リソース不足により、今後の決算処理の早期化・内部統制の対応が困難になることが懸念されていました。

このため、システムの老朽化に伴い、既存システムの撤廃し、パッケージ製品導入による属人性の排除を決断されました。

選定にあたっては、現行業務をパッケージ標準機能で運用可能であること、法改正に耐えられることを重要視され、Biz∫をご採用いただいております。

導入システム

Biz∫会計

対象業務

一般会計、債務管理、管理会計、資産管理、リース契約管理、会計連携

システム更改方針

  • 業務標準化、効率化に適したパッケージの採用
  • 法改正対応への万全の準備
  • オープンな基盤の採用による、グループ展開、自社運用の実現
  • ノウハウトランスを可能とする万全のプロジェクト支援体制

Biz∫会計導入前の課題と導入効果

Biz∫会計導入前の課題と導入効果

Biz∫会計採用のポイント

  • 各種入力支援、仕訳連動の自動化等の機能が充実していること
  • 法改正に伴う対応プログラムや関連資料が迅速に提供されること
  • 内部統制、IFRS要件である複数帳簿に対応済であること、ならびに今後のアドプションへの対応が期待できること
  • フロントシステムと同一のアプリケーション基盤を有し、将来に向けて全体最適を見据えたシステム統合、システム基盤整備が実現できること

お客様情報

従業員数 100~500名
年商 50~100億円
事業内容 グループ会社の情報処理システムの運用・保守
Webでのお問い合わせ(別ウィンドウで表示) 03-3445-3100

ページの先頭へ