IFRS対応の複数帳簿会計ソリューション

Biz∫会計

概要

Biz∫会計

Biz∫会計は、IFRSに対応した複数帳簿体系の完備した財務会計システムです。
また、財務会計パッケージとしてだけでなく、現場入力から単体会計・連結までマルチテナント運用・シェアードサービス運用対応などグループ展開のプラットフォームとしての適性も兼ね備えています。

導入事例

  • ITサービス業 A社様

    パッケージ導入による、経理業務の効率化/標準化と法制度への確実な対応

特徴

  • 複数帳簿対応会計システム

    Biz∫会計は、複数基準の総勘定元帳を保有可能な構造となっており、IFRS基準の会計数値と日本基準の会計数値それぞれの同時管理・レポーティングが可能です。

    複数帳簿対応会計システム

  • 自由なコード階層とセグメント管理

    マネジメント上必要となるセグメント別数値を捕捉するため、仕訳伝票の借方/貸方それぞれの分析フィールドに
    任意のセグメント情報を入力することができます。分析フィールド別帳票の活用により、自由度の高いセグメント別マネジメントを実現します。
    自由なコード階層とセグメント管理

  • 着地見込管理

    取引が確定していないものの、今後発生が見込まれる会計伝票を「仮仕訳」として登録することが可能です。
    仮仕訳の機能を活用することで、着地見込の入力及び着地管理用帳票の出力が可能です。着地見込管理

  • 日次・月次締めの確実なコントロール

    Biz∫会計では特定モジュール、特定組織を指定し、伝票の入力を制限することが可能です。日次、月次単位の締めコントロールによる、スムーズな決算数値の確定をサポートしております。

    • ※例えば、「○○部を指定した、一般会計の伝票入力 について、○日前の日付の伝票入力を制限する」といったコントロールを可能とします。
  • 様々なパターンでの自動消込

    Biz∫会計では、お客様の入金消込業務上の性質・シナリオに合わせた運用方法の選択・組み合わせを可能とすることで、入金消込業務を効率化します。消込業務の業務量、自動消込の条件等を考慮し、適切な消込業務のパターンを構築することが可能です。

  • 精緻な予実績管理

    前年度実績や着地見込、予定償却費の取込を可能とすることで、予実管理業務の効率化を実現します。推移試算表を利用することで、実績データと予算データを横並びで出力し、着地見込み管理へ活用することが可能です。

  • 多様な配賦管理

    配賦処理については、事前に配賦条件(配賦元・先/配賦基準など)をマスタ設定しておくことで、月次処理での自動配賦・結果確認を行うことが可能です。
    Biz∫会計では、適用する基準の順番は配賦段階パターンマスタに定義することで、共通費を組織別に配賦後、プロジェクト単位に配賦する、といった多段階配賦を最大20段階まで設定可能です。

  • 様々な資産償却計算への対応

    Biz∫資産管理は通常、日本で認められている減価償却方法に加え、税制改正で新たに追加された償却方法にも標準で対応しております。

メリット

  • IFRS適用に向けた会計基準の改定や税制改正、開示要求に対しても、適切かつ迅速に対応します。
  • 「見やすい画面」「使いやすく充実した機能」で業務の効率化を支援します。
  • 現場入力ソリューションとの連携など、汎用性の高いシステム連携により決算早期化を実現します。
  • 精緻な予実績管理、豊富な管理会計を活用し、迅速で的確な経営判断を支援します。

Biz∫会計業務体系

Biz∫会計業務体系
Webでのお問い合わせ(別ウィンドウで表示) 03-3445-3100

ページの先頭へ