Biz∫×Kintone連携による経費申請システムのTAKHUB(タクハブ)導入事例

Biz∫×Kintone 連携による経費申請システム

経費精算における課題

TAKHUB(タクハブ)導入事例1

TAKHUB(タクハブ)がkintoneからの経費申請を実現します

TAKHUB(タクハブ)事例解決策

Biz∫× Kintone 連携イメージ

Biz∫× Kintone 連携イメージ ①経費の申請・承認
②経費申請内容を取得
③会計連携テーブルへのデータの書込
 
⑤仕訳データ作成

①経費の申請・承認

Kintoneで作成した経費申請アプリケーションにて、経費の申請・承認を行います。

kintone経費申請

②経費申請内容を取得、③データの書込

TAKHUBにてKintoneの経費申請データを取得し、会計連携テーブルへデータを書き込みます。
TAKHUBではログを収集しているので、エラー発生時にも原因特定・対応がスムーズです。

TAKHUB(タクハブ)ログ収集画面例

④会計連携バッチ実行、⑤仕訳データ作成

会計連携テーブルに書き込まれた経費申請データをバッチ処理によりBiz∫会計へ書込み、
仕訳データのを作成を完了します。

Biz∫会計書込み画面例

ご提案内容・費用

  • 業務プロセスをヒアリングして最適なプロセスを提案します
  • kintoneアプリは弊社テンプレートの利用が可能ですが、既存のkintoneアプリとの連携も可能です
  • データ加工などが不要であれば設定作業は最短1日で終了します
  • TAKHUBライセンス(買取り):100万~250万
  • 設定と簡易なデータ加工レベルの開発:100万~
  • TAKHUB実行用サーバ環境が別途必要です(Softlayer、Amazonなどのクラウドも可能)
Webでのお問い合わせ(別ウィンドウで表示) お問い合わせ(営業部)

ページの先頭へ