dynaTrace導入事例

人材獲得に関するテクノロジおよびサービス

新世代型APMソリューション dynaTrace

業種

人材獲得に関するテクノロジおよびサービス
人材獲得に関するテクノロジおよびサービス(SaaS)

現状

  • 低リスクかつ短期間で有能な人材をスカウトし、雇用できるようにするソフトウェアやサービスを提供
  • 中小企業から大規模な多国籍企業に至るまで、ユーザーをサポート

課題

  • 本番環境における問題の根本原因を迅速に診断するだけでなく、本番データを取得し、レポーティングすることによって、問題が致命的になる前に発見することを目指している
  • → アプリケーションの可視化が必要
  • 社内のアーキテクトや開発者だけでなく、外部の開発パートナーとデータを安全に共有し、サービスレベルを維持する必要がある
  • → データを共有すると共に、社内における開発と社外における開発のどちらに根本原因が含まれているか問題の切り分けが必要

本番環境にdynaTraceを導入

  • dynaTrace を導入しパフォーマンスを管理
  • → 少ないオーバーヘッドで24 時間365日データを取得し、トランザクションのパフォーマンスをリアルタイムにコードレベルで可視化
  • → パフォーマンス問題を早期に発見し、問題の影響拡大を未然に防止
  • dynaTrace Production、Test Center、およびDevelopment Editionを導入
  • → パフォーマンスのボトルネックを迅速に検出、分析
  • → 診断された根本原因が開発者へ速やかに提供され、問題の切り分けが容易に
dynaTraceのダッシュボード

dynaTraceのダッシュボード
dynaTraceを利用することで、フレームワーク内の隠れた部分を見ることができます。設定が最適化されていないフレームワークを使用するとデータベース要求が過度になり、パフォーマンスに悪影響をおよぼします。
dynaTrace はフレームワークを可視化し、冗長なコールを見つけるのに役立ちます。

dynaTraceについて

dynaTraceはトランザクションのパフォーマンスをリアルタイムにコードレベルで可視化します。

パフォーマンス問題を早期に発見し、問題の影響拡大を未然に防止します。

また、問題が自社のアプリケーションなのか、外部が開発したアプリケーションなのかをすぐに判定できるため、問題の切り分けにも有効です。

当社では、Java/.NETアプリケーションのパフォーマンス管理ソリューション「dynaTrace」の導入・運用をご支援しています。

お気軽にお問い合わせください。

Webでのお問い合わせ(別ウィンドウで表示) 03-3445-3100

ページの先頭へ