管理部門の仕事

管理部門

仕事内容

管理部門の役割とは、営業部門や開発部門、技術部門のスタッフが、常に快適に、効率良く働ける環境を作ること。いわば会社全体が効率良く活動するための“縁の下の力持ち”であり、多岐にわたる業務を通じて、時代に即した業務インフラ作りを行っています。

管理部門では、他の部門の仕事をよりスムーズにするため、人事、経理、購買、庶務をはじめ、社内体制や諸規定の整備など、多岐にわたる業務を行います。「経営の効率化」という方針のもと、より当社の仕事にマッチした独自の業務体系を整備、定着化させていくことを目指しています。

また、広報面の業務としては、企業の顔としてホームページで情報発信を行います。そこでは、いかにポイントをついた情報発信ができるかが重要であり、幅広い知識と時代のニーズを読むセンスが求められます。

ページの先頭へ