篠澤 朝成

篠澤 朝成

SEという仕事に興味を持つようになったのは、学生時代のアルバイトでショップスタッフをしていた時のことでした。店舗で商品を管理するシステムが使いづらく、自分で改善できればと強く感じ、それがきっかけで、就職活動ではSE職にしぼり会社を探しました。

僕は新潟県出身なのですが、TAKTを志望した理由の1つに、地元である新潟に事業所があることが言えます。東京と新潟、都会と地元で働くことができるということが、とても魅力的に思えました。

現在は、法人向けの書類発行のシステムに携わっており、設計書の修正やプログラムのテストを主に担当しています。プログラム未経験で入社したため、入社当初は不安なことばかりでしたが、業務の中で日々経験が増えていくため、今では不安は徐々に解消されてきました。

理想のSE像は、自身の経験から、お客様が満足するシステムの提案をし、実現させることです!

日々覚えることがとても多くプレッシャーも大きいのですが、一日も早く一人前のSEになるべく、日々、向上心をもって勉強中です!

1日のスケジュール

篠澤 朝成の1日のスケジュール

Q&A

Q1篠澤さんが考える「会社の魅力」を教えてください。
A11つ目は、若手社員が多いので、公私ともに相談にのってくれる人がいること。お酒が好きなので、よく同期や先輩と飲みに行きます。
2つ目は、入社1年目からでも任せてもらえる業務が多いので、責任感を持って仕事ができ、やりがいを感じることができることですね。
Q2TAKTの人や会社はどのような雰囲気ですか?
A2業務はとても忙しいのですが、メリハリをもって仕事をできる人が多いので、とても雰囲気がよいです。仕事中、たまに笑いがあり、なごむ瞬間があります。
Q3仕事で一番うれしかったこと。
A3先輩からの「もう新人だと思っていないよ、できるよね?」という一言。
自分のキャパシティよりも多い仕事が振られたときに、認められて仕事を割り振ってもらえた喜びとともに、プレッシャーを感じました。結果、期待通りにその仕事を遂行でき、自分の仕事に自信を持つきっかけとなりました。
また、入社半年の時点で、1つのシステムをつくり、それが納品され使用されていることも嬉しく感じています。
Q4SEに一番必要な要素は何であると思いますか?
A4コミュニケーション能力と向上心です。
SEやプログラマーの仕事は、ひとりでもくもくと業務をこなすイメージがあるかもしれませんが、実際には随所でどのように進めていくか、協議や相談をしていく必要があります。また、システムの世界は、技術の進歩が早いため、自発的に情報の収集や分析をすることが必要になります。
Q5学生の方々へメッセージをお願いします。
A5SE未経験ということに大きな不安がありましたが、仕事に励むうちに、自然と不安は解消されていくでしょう。わからないことは、TAKTの先輩がきちんと教えてくれるので安心して下さい。
また、仕事以外にも、僕は社内の野球部に所属しております。TAKTには野球部以外にもつり部やマラソン部などがありますが、ベテラン・若手ともに在籍しており、和気あいあいと活動しております。僕と一緒に部活動を盛り上げてくれる仲間に是非出会いたいですね。
みなさんと一緒に働けることを楽しみにしております!

ページの先頭へ