入社1年目教育(新入社員教育)

入社後3ヶ月は集合研修によりビジネスマナー教育、技術教育を行います。その後はOJTを中心とした教育を実施します。

入社1年目教育

入社後基礎教育

入社後1週間は主に社会人としてのマナー研修およびソフトウェア開発の基礎を学びます。

主な教育内容

  • マナー研修(電話応対、ビジネス文書の書き方等)
  • Word・Excelの基礎、応用
  • 開発業務の種類、開発業務の流れについての学習
  • その他

入社後技術教育

入社後基礎教育に続き3ヵ月間コンピュータ用語や基礎知識、プログラミング手法等を学びます。

主な教育内容

  • プログラミング(Java)、アルゴリズム基礎教育、演習
  • データベースの基礎知識の習得
  • 簡易アプリケーションの作成 (例:Webアプリケーションの構築演習)
  • その他

簡易アプリケーションの作成においては、3~4人のチームに分かれシステム設計からプログラミング、テストまで開発業務の一連の流れを行っていただきます。研修終了時にはチーム毎に作成したアプリケーションの発表をしていただきます。

自己啓発制度

TAKTの新入社員は、まずSEになるための最も基本的で様々な教育をOJT中心に受けます。

例えば、システム開発に必要な技法、ハードやソフト、ネットワーク管理の知識、プログラミング言語・ツールなど挙げればきりがありません。幅広いフィールドを持つTAKTで働き続けるとなると、身につけなければならない技術や知識は膨大になり新入社員ともなればなおさらのことです。

そう聞いてしまうと「仕事をしながら、それだけのことを確実に吸収することができるのだろうか?」という不安も出てくるかもしれません。そんな不安を解消するため、TAKTでは"自己啓発制度"という制度を設けています。

この自己啓発制度は、入社後1年間にわたり年間約10万円を月々に分割して特別手当として支給する制度です。この制度を利用し、社外講習会に出るもよし、Web上の研修サイトを受講するもよし、はたまたある程度プールしてパソコンを購入するもよし。この使い道は新入社員の自主性に任せ自分で考え、自分のペースに合わせたスキルアップを可能にしています。

TAKTはこの自己啓発制度を、ITエンジニアとして高い自己成長を目指す新入社員にとって満足のいく環境づくりの一環として実施しています。

ページの先頭へ