2月24日(火)システム全体を詳細に把握し、パフォーマンス改善を実現する「アプリケーションパフォーマンス管理(APM)」セミナー

セミナー概要

昨今、銀行取引やショッピング、旅行手配などWebサービスを通じてビジネスを展開するシーンが増えているなか、これらサービスを提供している企業にとって、トランザクションの遅延やページ読み込みの低速化といったパフォーマンス低下に対する対策が重要な課題となっています。この重要な課題を解決するためには、アプリケーション処理に関する全てのトランザクションンデータと、ネットワーク機器やデータベースやアプリケーションサーバといった周辺機器のログを横断で可視化し、システム全体像をより詳細に把握することが求められます。

本セミナーでは、新世代型のAPM(アプリケーションパフォーマンス管理)ツール「dynaTrace」とマシンデータ分析プラットフォーム「Splunk」を連携活用することで、複雑化したシステムの全体像をより深くアプリケーションの内部まで分析することを可能にする方法をご紹介いたします。

セミナーの内容

日時:
2015年2月24日(火)15:00~17:30(受付開始 14:45~)予定
場所:
株式会社エルセナ
 
〒163-0928 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス28F
 
別ウィンドウで表示http://www.elsena.co.jp/access/tokyo/
受講料:
無料
定員:
20名(事前登録制)
 
※競合代理店、競合製品をお取り扱いの会社様のご参加は
 
   お断りさせていただく場合がございます。
主催:
タクトシステムズ株式会社
 
マクニカネットワークス株式会社

※本セミナーは終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

プログラム

15:00~15:20★
APM(アプリケーションパフォーマンス管理)の現状と課題
 
講師:タクトシステムズ株式会社
 
 
15:20~16:10★
<デモ>dynaTraceソリューションのご紹介
 
講師:タクトシステムズ株式会社
 
 
16:10~16:25
休憩
 
 
16:25~17:05
<デモ>ネットワーク機器やデータベースやアプリケーションサーバ等の
 
ログ(マシンデータ)を横断で可視化する「Splunk」ソリューションのご紹介
 
・製品コンセプト
 
・活用事例紹介
 
講師:マクニカネットワークス株式会社
 
 
17:05~17:30
質疑応答

★当社の講演です。

※スケジュール・内容を予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ

  • タクトシステムズ株式会社  営業部(担当:森田)
  • 電話番号:03-5820-8150
  • メール : develop@takt.co.jp

ページの先頭へ