7月25日(金)kintone連携によるSalesforceのさらなる活用~
クラウド間統合を実現する「TAKHUB(タクハブ)」セミナー開催のお知らせ

セミナー概要

TAKTkintoneUniface

世界中の多くの企業で活用されている「Salesforce」は、とても強力な顧客管理ソリューションであることは疑う余地はありません。しかしながら、強力過ぎる故に①社員が使いこなせない、②その結果あまり使われない、③使われないので投資効果が出ない、といった評価をされるお客様もおられるのではないでしょうか。


一方で、サイボウズが提供するkintoneは、①アプリ開発が簡単、②誰もが簡単に利用できる、③価格が安いので全社利用でも(Salesforce利用に比べて)費用負担が少ない、というメリットがあります。しかしながら、Salesforceと同等の顧客管理機能をkintoneに持たせることは(技術的にもコスト的にも)現実的では無いと私どもは考えます。


このような課題に対して、タクトシステムズでは次のような解決策を提案いたします。

  • 上位管理者のみがSalesforceを利用することでライセンス数を押さえる
  • 営業担当、設計部門などのラインがkintoneを利用することで全社で顧客情報を共有する
  • Salesforceとkintoneの間を「TAKHUB(タクハブ)」で連携させる

TAKHUB(タクハブ)は、海外でのシステム連携基盤として実績のある「Uniface」をプラットフォームとして提供することで、これまでの他社統合ツールと比較して圧倒的低価格と、短期開発を実現します。


今回のセミナーでは、タクハブを使ったSalesforceとkintone連携、タクハブが実行するUniface、そしてタクハブを使った迅速なシステム連携開発と実行についてご紹介いたします。


セミナーの内容

日時:
2014年7月25日(金) 16:00~17:30 (受付開始15:30)
場所:
サイボウズ株式会社 東京オフィス16F 会議室:ニューヨーク
定員:
20名(満席になり次第締め切らせていただきます)
料金:
無料(事前登録制)
共催:
タクトシステムズ株式会社、Uniface Japan株式会社、サイボウズ株式会社
 
プログラム:
■Salesforceとkintone連携について(タクトシステムズ株式会社)
Salesforceの強みと問題点
kintoneの強みと問題点
タクハブによるSalesforceとkintoneの連携がもたらす効果
 
■統合連携プラットフォームに最適なUniface
 
    (Uniface Japan株式会社)
Unifaceとは
歴史と導入実績

※本セミナーは終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

お問い合わせ

  • タクトシステムズ株式会社 営業本部(担当:森本)
  • 電話番号:03-5820-8150

ページの先頭へ