5月14日(水) kintoneをフロントエンドとしたシステム連携のご提案
クラウド間統合を実現する新サービス「TAKHUB(タクハブ)」セミナー開催

セミナー概要

TAKTkintoneUniface

企業におけるシステム連携は、従来のデータベース項目同士をコピーするデータ連携から、現在ではクラウド利用が趨勢となり、各種クラウドサービスが提供するAPIを利用したアプリケーション間のプロセス連携主体へと変化しています。
このようなプロセス連携は、これまでの統合ツールによる実装は容易ではなく、接続専用のアプリケーションサーバを立てるなど、高いコストと開発期間を要しているのが現実です。
当社が提供する「TAKHUB(タクハブ)」は、海外でのシステム連携基盤として実績のある「Uniface」をプラットフォームとすることで、これまでの統合ツールと比較して圧倒的な低価格と短期開発を実現します。


本セミナーでは、タクハブを使ったシステム連携、タクハブが実行するUniface、そしてタクハブを使った迅速なシステム連携開発と実行についてご紹介いたします。

セミナーの内容

日時:
2014年5月14日(水) 15:00~17:00 (受付開始14:45)
場所:
サイボウズ株式会社 東京オフィス16F 会議室:ニューヨーク
定員:
20名(満席になり次第締め切らせていただきます)
料金:
無料(事前登録制)
共催:
タクトシステムズ株式会社、Uniface Japan株式会社
 
プログラム:
■TAKHUB(タクハブ)のご紹介(タクトシステムズ株式会社) 15:00~15:40
クラウドアプリ連携を実現するクラウドハブサーバ
競合と比較して圧倒的な低価格で提供
短期の開発と迅速なデプロイを実現
こんな連携にタクハブをご提案
 
■統合連携プラットフォームに最適なUniface
 
    (Uniface Japan株式会社) 15:45~16:15
Unifaceとは
歴史と導入実績
統合連携プラットフォームとしての優位性
 
■デモ(タクトシステムズ株式会社) 16:20~16:50
 
タクハブを利用したkintone接続について、迅速な連携開発のデモをお見せします。
kintoneの情報をRDBに格納する
Twitter情報を取得してkintoneアプリに返す

※本セミナーは終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

お問い合わせ

  • タクトシステムズ株式会社 営業本部(担当:森本)
  • 電話番号:03-5820-8150

ページの先頭へ